種類を知り対策を立てる

医者と看護師

治療の計画を立てる

子供に多い水いぼは、軟属腫ウイルスが原因で、局所麻酔を使用してピンセットで切除することが多いです。いぼの原因はウイルスであることが多くて、皮膚の免疫が落ちている時に発症することが多いです。アトピー性皮膚炎や湿疹がある人は、特に注意する必要もあります。いぼの種類は様々ですので、そのタイプに合う治療を考えることが大切です。足の裏にできるタイプは、ウオノメなどとの区別が必要になります。表面部分を少し削って、見分けることができます。ウイルス性のいぼは、増殖して塊になる特徴があります。切除の跡は、水膨れな血豆になりますが、自然に破れてしまったら、ガーゼなどで上手く保護することが大切です。切除した後は適切なケアをすることが大切で、そうすることで再発を減らすこともできます。炭酸ガスレーザーは素早い治療を可能にして、施術同日から洗顔やメイクを行うこともできます。液体窒素による治療よりも施術時間を短くすることもできるので、レーザー治療の需要は高いです。いぼをはぎ取る手術は、数年にわたり改善が見られない場合に行うことが多くて局所麻酔によって痛みをなくすことができます。いぼの切除は保険内の治療で行うこともできますが、通常の治療で治療しても再発を繰り返すこともあります。そうした時は保険外の治療を試して見ることもあります。保険外での治療として、局所免疫療法などを行うこともできます。何度も再発する時は、医師に相談して様々な治療を試すことも大切です。エタノール湿布で治療することもできますし、薬剤を使用して腐食させることも可能です。液体窒素治療における痛みに耐えられない場合は、強い薬品を使用していぼを腐食させることもあります。ウイルス性のいぼは、ひっかき傷やささくれなどが原因です。再発させないために、ひっかき傷などが付いた時はガーゼなどを貼ってウイルスの侵入を防ぐことが重要です。いぼの治療における液体窒素治療はポピュラーですが、治療回数が10回以上になることも多いので根気がいることもあります。治療を開始する前に、治療内容についてカウンセリングで医師から説明を受ける必要があります。その際に必要な治療の回数やその効果と、痛みの強さなどの説明を受けることが大切です。